若手社員座談会

就職活動から今現在の仕事、やりがいなどを語ってもらいました。

メンバー紹介

株式会社GIR
宇都

サムシングホールディングス株式会社
青柳

株式会社サムシング
庄司

Q1.入社の決め手は何でしたか?


庄司
会社説明会の最初に社長自らが、創業精神や経営理念、目標を説明いただき、
その言葉と、目標を実現しようという社長の熱い思いに惹かれたのがきっかけです。
そして面接や面談を通して、社員の方達の人柄に触れ、この先輩方と一緒に働きたいと、入社を決めました。

宇都
私も庄司さんと同じで、選考中に面接官の皆さんと接する中で入社意欲が高まりました。
他社の面接官と比べても私の話を親身になって聞いてくださる方が多く、面接の中で社風を感じ取れたことがきっかけです。

Q2. 仕事でやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?


庄司
今は地盤改良工法の開発と工法の管理をメインで行っています。
業界でも最先端の技術的な開発に取り組んでいるので、一からプロジェクトを立ち上げ、運用、展開までを行うのは苦労も多いですが、
若いうちからチャレンジできる環境に、やりがいを感じています。

宇都
お客様から信頼してもらえた時です。
現在、内勤業務をしているのでお客様とは主に電話やメールのみでやり取りしています。
信頼関係を築くことが難しいのですが、そんな中でもきちんと要望に対応していく事を心がけています。
メールの文面や電話の話し方などから自分への信頼を感じる瞬間があり、そういった時にやりがいを感じます。

青柳
私の業務は、重要な書類の作成や社内システムの管理、プロジェクト等です。
経験が全くない状態からスタートしたのですが、営業用の資料作成やパンフレット作成の業務など、
支店や部署関係なく様々な業務を任されることが多くなった時は、とてもやりがいを感じました。

Q3. 仕事で苦労したこと、悩んだことは何ですか?
また、どうやってそれを乗り越えましたか?


青柳
重要な書類作成の業務や、システムメンテナンスの業務などが重なった時は、夜遅くまで苦戦していました。
納期が迫るにつれて焦ってしまいますが、いつでも周りの上司の皆様や、先輩方にサポートされ乗り越えることが出来ました。
周りの方々に感謝するとともに、自分自身がより成長しなくてはならないと感じています。

庄司
私は配属後、地盤調査スタッフとして建設現場で働いていました。
何もかもが初めてのことだらけで、正直苦労ばかりの毎日でしたね。
でも、先輩方からのサポートや、時には厳しい指導をいただく中で、業務に取り組む意識も変わっていって…。
それからは、複雑な業務で苦労していたことも、業務効率を意識することで、
いつの間にか難なくできるようになっていったんです!
常に考えて行動することが大切だと実感しました。

Q4. 若手社員が活躍できる環境はありますか?


庄司
入社一年目の頃は、地盤調査業務を携わっていました。
最初の方は先輩方に同行しながら、社会人の基礎を叩き込まれ(笑)、
先輩たちの後輩を一人前に育てたいという気持ちが伝わり、それに応えようと、努力し続けました。
その結果、調査業務を一人で任されるようになり、今ではその経験を活かして、現在の開発や品質管理に携わることができています。

宇都
私が在籍している株式会社GIRは、サムシンググループの中でも特にベンチャー気質が強く、新しいことに常にチャレンジしています。
新規事業を立ち上げる際は若手社員が抜擢されることも多いです。
プロジェクトへの参加に自ら手を上げ関わっていくことで、活躍できると思います。

青柳
「これからの会社を引っ張るのは、君たち若手社員だ」という言葉を役員の方々から頂きます。
その言葉通り、プロジェクトのリーダーは若手社員が任命されるケースもあります。
若手社員も自主的に行動する人はどんどん活躍していると思います。

Q5. 職場の雰囲気や人間関係はどうですか?


宇都
株式会社GIRでは部の垣根を越えた交流が多く、皆さん仲がいいと思います。
仕事終わりにはご飯に行ったり、近くの体育館で体を動かしたり、野球観戦に行ったりと、交流が盛んです。
ただ、交流を強制されることは決してなく、全員が自ら進んで参加しているのが大きな特徴です。
役員・上長の皆さんとも距離が近く、とても居心地が良いと感じています。

青柳
飲み会だけでなく、スポーツなどのイベントが盛んで、若手社員がイベントを企画することも多々あります。
役員・上司の皆様も、気軽に話しかけて下さるので、相談しやすい環境が整っています。