なぜインターンシップに行くのか

Tại sao bạn nên đi thực tập?

  • HOME
  • インターンについて

自分に何ができるのか、何が好きなのか、何をしたいのか。

何かしたいけど何をしたらいいかわからない、

将来に漠然とした不安がある、

とにかく海外に住んでみたい……..そんなふうに思ったことはありませんか?

インターンシップは基本的に無給です。では海外インターンシップで何を得るか。それは、行った人しかわからない、あなただけの『経験』です。海外で働くとき、生活するとき、日本での常識が通用しないということが日々起こります。それをイヤと思うか、おもしろいと思うかはあなた次第。どちらの答えも正解です。自分の価値観を知ることができたのだから。それを知った時、世界の見え方が少しだけ変わります。新しい自分に会ってみませんか?

 

  • 体験できること
  • 国内?海外?
  • ベトナムの経済

『働く』ということ

「インターンシップ」の認知度は徐々に高まり、学生・企業の双方にとって身近なものになりました。海外インターンシップでは現地の仕事を体験できます。海外の企業でどのような働き方をしているのかを知ることができる数少ない機会です。海外で生活をすると、他国と比較した時の日本を意識するようになります。また通常の海外旅行だけでは知り得ない、現地の方々の生活に入り込むことで、その文化をより深く感じられるでしょう。

『海外』に行く意味

海外で就職したい方にとって海外での就労経験が重要であることは明白です。一方で、日本国内で就職したい方、すでに社会人経験がある方にとっても海外インターンシップの経験は十分活かすことができます。全く文化が異なる世界に行って働く、全て自分の力でなんとかしなければいけません。日本で常識と思っていたことが通用しない、自分の意志が伝わらずイライラもやもやしてしまうこともあります。しかし、悩み、もがき、たくさん考えたその経験が、生きていく上で重要な力になります。

経済成長率7%

ベトナムの経済成長率は2018年、7%を超えました。2008年の世界金融危機の影響も小さく、着実に成長を続け人々の消費活動は活発になっています。中国と同様に、社会主義体制ですが市場経済を導入しており、人口は9600万人と労働力も豊富です。インフラ未整備地域や未開拓の市場はあり、まだまだベトナムの経済成長は止まらないでしょう。